CADの特徴とは?導入するメリットについて解説


CADと手書き作図の違いとは

CADとは、コンピューターを利用して設計や作図を行うためのソフトのことです。元々は飛行機設計のために開発されたソフトですが、現在では自動車部品や服飾デザインなどの様々な分野で活用されています。CADを使わない場合は手書きで作図することが一般的ですが、手書き作図では線の引き方を覚えるなどの作図技術が求められます。しかしCADでは、ソフトの使い方を理解すれば誰でも整った線を引くこと可能なため、作図のための技術取得が不要です。一方で手書き作図では、定規などの道具を使って書いていくので、実際の大きさを感覚的に掴むことができ、完成品のイメージがしやすくなるメリットもあります。

CAD導入のメリットとは

CAD導入のメリットとしては、図面の共有が楽になることが挙げられます。紙の図面ではコピーして郵送する手間がかかりますが、CADではサーバー上に保存することで簡単に共有することが可能です。CADであれば、修正のために線を消して書き直す必要がなく、数値を変えるだけで簡単に直せます。修正後の図面とは別に、修正前の図面を参考として残せることもCADの利点です。また、図面を再利用したり、他の図面と組み合わせたりすることも可能です。複数人でそれぞれ部品を作図し、後で組み合わせるような作図方法ができるようになるので、作業の効率化が図れます。3D-CADであれば立体的に表現できることも大きな特徴であり、よりリアルで完成に近い作図を行うことができるでしょう。

電気CADとは、電気工事の配線図面をパソコンを使って製図や設計を行うシステムです。電気専用パーツをクリックするだけで図面に配置をすることができるため、電気設計を効率よく行うことができます。