LED証明に紫外線の影響はあるの?LED証明で熱が発生して熱くなるの?


紫外線の影響が心配な時に使える

屋外に色のついたものを置いているとはげてくるときがあります。屋外だと太陽からの紫外線が当たり、それが影響して色に変化を与えるようです。では室内ではどうかですが、蛍光灯は適度に紫外線を出しています。太陽光ほどではないものの、近くで長時間照射し続ければそれなりに影響します。美術品などの展示においては、蛍光灯を使うと色がはげる可能性があるので工夫をしなければいけませんでした。最近よく使われるようになったLEDの証明ですが、こちらにはいくつかのタイプがあります。照明用として白色や電球色の表現ができるタイプはあまり紫外線を出さないタイプになります。ですから美術品を照らしたとしても日焼けせずに元の状態を保てるようになっています。

LEDの照明器具は白熱電球のように熱くなるか

白熱電球は切れるときに急に切れます。そのために直後に取り換える時がありますが、外そうとすると非常に熱くて持てないときがあるでしょう。白熱電球は光を発するときに多くの熱を出すので熱くなるとされます。蛍光灯なども熱が出ているので、長時間ついている状態のものを交換する時には注意しないといけません。ではLEDの照明器具はどうかですが、LEDそのものは発熱をしません。熱を嫌うものを明るく照らしたいとき、こちらを使えば熱の影響を抑えられます。しかし実際LED電球の交換をしようとすると熱く感じます。これはLEDそのものではなく、電源部に熱が伝わっているためです。光る部分と電源部分が離れている照明具なら、照明部分は熱くなりません。

LEDライトパネルを使用すると普通のライトを使用するより長持ちするところや、明るいところが魅力です。